Skip to content

家づくりという高い高い山をともに登る

家はここに美を発見し新しい

構法はSE構法を採用しているが…【BEFORE】*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、相談頂いた時の間取り←何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】気になる点としては、夫?という所です相談時に頂きました、構造部分です。
その他のポイントもありますが、先ずは、構造的に大丈問題点1:構造は大丈夫?
LDKCD:和室)と吹抜けを考えると、用されていますが、窓配置なども見て、かなり大きな空間になりす。今回のご相談者さんはSE構法という木造構法を採『うん、耐震等級は大丈夫かな?』と感じました。
問題点2:配置が微妙その他、収納の入り口部分が狭いキッチンのパントリーと階段横の収納、二階の部屋配置は玄関は何となく意図は感じるものの、少し勿体ない気がする。一階のトイレに行くのに洗面を通らないといけない、などです【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、外観も含めて提案をしていますSE構法を採用しているとしても、LDKの空間+吹抜けが大きすぎる気がしたので、少し縮めています。
*全体の大きさも少し小さくしています。
【BEFORE-AFTER】↓*こんな感じで改善してみました。

【AFTER:解説】今回の間取りも大きく変えています縮めて、メリハリを出して、どう見せる?
家全体を縮めるというよりも、ポイントポイントで小さくしたり、と伝わらないかと思い、イラストを書いてみました。
大きく取ったりしています。
外観イメージは文章だ家事動線を考えて、洗面から直接出られる庇付き屋根付きの洗濯物干しスペースは来客時でも気にならない場所にしていて、LDK、玄関からも少し隠れるように少し引っ込めています。
また、玄関入った時、キッチンに立った時、和室に居る時、の3つの状況で、家を有効的につかえるのでは?
家づくりとお風呂のリフォームを検討する

機能が低下してしまい家

機能が低下してしまい家

家はここに美を発見し新しいという感じから窓配置などをしていますちょっとした坪庭を眺められると、より耐震性耐震性を考えると、もう少し耐力壁となる壁が必要に思いました。
リビングの大きさは横に少し縮めても大丈夫な間取りでしたので、そこを小さくし、また吹抜けも小さくしました。
その上で、空間の途中階段横の薪ストーブを耐力壁二階の天井までの壁としつつ、その壁のインテリア(タイルを全面に貼ったり)などに拘って頂くと、見せる事も可能かな?という感覚です。
外観は窓をまとめて、凹凸付ける外観は、窓はまとめる!というのが一つの発想です。本当は窓を無くして外観を作る方が楽なのですが、窓をまとめる感覚です。また、凹凸と窓を上手く組み合わせて計画が出来ると、よりスッキリしていきます南向きなので、耐震性の追記最後に耐震性ですが、例えば、同じ耐震等級3が取れたとしても、壁の量などで、実際に地震が起こった時は、家の揺耐震等級。だからOKと安れやすさは違います。当然壁が多い方が良いという事が言えるのですが、易に考えると微妙かもしれませんね。
そこら辺を考えると、【AFTER】改善コメント↓
コラム:家の性能を考えるからメリハリが大切気密、断熱性能を高めたい耐震性能を良くしたい!
を考えると、基本的には、【窓を少なく、外壁の量を多く】という考えになります断熱性能を考えれば、窓からの熱の侵入を減らす事が最も効果的ですし、(高性能グラスウールで、密度の低いモノを採用すると、そもそもの話になりますが…)耐震性能を考えれば、基本的には、壁の量が増えれば、効果はあがってきまという事で、【窓を少なく、外壁の量を多く】が基本になりますが、単純に窓を少なくするという考えではなくて、メリハリを考えて頂くと、良い提案になるように思います。

家族によって理想

家づくりコンサルタントとして家をつくる
リビングは大きな窓を設けるけど、全体の窓の量は変わらない。
という感じですね。
家の周辺状況を考えて、開く所は開く、外観も考えれば、閉じる所は思い切って閉じる!という事を考えて頂く事で、窓の量を増やさずに、素敵な家づくりが出来るように思いますまた、開く所、例えば、LDKなどにつける大きな窓は、樹脂サッシ内と外、もしくは、手くメリハリを付けていく事で、価格の調整も出来るようになるかもしれません。
トリプルを採用するなど、上
MISERU:家づくりをもっと楽しむ!
相談時の要望:【部屋数】:5LDK5:一階の和室、主寝室、子ども部屋m【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:助言をいただきたい点は、主に生活動線、家の寒さ、収納面で充分か、の3点。
不満というよりも、本当にこれで良いか?が不安。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】大きすぎる!ですはい、最も気になった点は、LDKで帖+和室の帖に板の間+吹抜け+二階の多目的ホールと全ての空間が合わさっている…はい、広すぎます(汗)問題点·空間が広すぎるここまで広い空間をつくってしまうと、恐らくですが、全館空調+気密·断熱性能をかなり良くする必要があるように思います。それが予算に入っているか?解りませんでしたが、全館空調200万円ぐらい?+気密·断熱性能のUP150万円ぐらいを見る事が出来るか?も考えてもらう必要がありそうだな。という感覚です。
問題点2:細かい所その他、分などは、所々気になる点は、間取り図を見て頂ければと思いますが、改善出来るのではないか?という感覚です。
確かに引き上げられて

家でいたほうが良いかもしれません

家でいたほうが良いかもしれません
構法はSE構法を採用しているが…【BEFORE】*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、相談頂いた時の間取り←何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】気になる点としては、夫?という所です相談時に頂きました、構造部分です。
その他のポイントもありますが、先ずは、構造的に大丈問題点1:構造は大丈夫?
LDKCD:和室)と吹抜けを考えると、用されていますが、窓配置なども見て、かなり大きな空間になりす。今回のご相談者さんはSE構法という木造構法を採『うん、耐震等級は大丈夫かな?』と感じました。
問題点2:配置が微妙その他、収納の入り口部分が狭いキッチンのパントリーと階段横の収納、二階の部屋配置は玄関は何となく意図は感じるものの、少し勿体ない気がする。一階のトイレに行くのに洗面を通らないといけない、などです【BEFORE】問題点のコメント↓
【改善アドバイス】改善のアドバイスは、外観も含めて提案をしていますSE構法を採用しているとしても、LDKの空間+吹抜けが大きすぎる気がしたので、少し縮めています。
*全体の大きさも少し小さくしています。
【BEFORE-AFTER】↓*こんな感じで改善してみました。

【AFTER:解説】今回の間取りも大きく変えています縮めて、メリハリを出して、どう見せる?
家全体を縮めるというよりも、ポイントポイントで小さくしたり、と伝わらないかと思い、イラストを書いてみました。
大きく取ったりしています。
外観イメージは文章だ家事動線を考えて、洗面から直接出られる庇付き屋根付きの洗濯物干しスペースは来客時でも気にならない場所にしていて、LDK、玄関からも少し隠れるように少し引っ込めています。
また、玄関入った時、キッチンに立った時、和室に居る時、の3つの状況で、家を有効的につかえるのでは?

家はここに美を発見し新しい

建築会社さまから下請け
という感じから窓配置などをしていますちょっとした坪庭を眺められると、より耐震性耐震性を考えると、もう少し耐力壁となる壁が必要に思いました。
リビングの大きさは横に少し縮めても大丈夫な間取りでしたので、そこを小さくし、また吹抜けも小さくしました。
その上で、空間の途中階段横の薪ストーブを耐力壁二階の天井までの壁としつつ、その壁のインテリア(タイルを全面に貼ったり)などに拘って頂くと、見せる事も可能かな?という感覚です。
外観は窓をまとめて、凹凸付ける外観は、窓はまとめる!というのが一つの発想です。本当は窓を無くして外観を作る方が楽なのですが、窓をまとめる感覚です。また、凹凸と窓を上手く組み合わせて計画が出来ると、よりスッキリしていきます南向きなので、耐震性の追記最後に耐震性ですが、例えば、同じ耐震等級3が取れたとしても、壁の量などで、実際に地震が起こった時は、家の揺耐震等級。だからOKと安れやすさは違います。当然壁が多い方が良いという事が言えるのですが、易に考えると微妙かもしれませんね。
そこら辺を考えると、【AFTER】改善コメント↓
コラム:家の性能を考えるからメリハリが大切気密、断熱性能を高めたい耐震性能を良くしたい!
を考えると、基本的には、【窓を少なく、外壁の量を多く】という考えになります断熱性能を考えれば、窓からの熱の侵入を減らす事が最も効果的ですし、(高性能グラスウールで、密度の低いモノを採用すると、そもそもの話になりますが…)耐震性能を考えれば、基本的には、壁の量が増えれば、効果はあがってきまという事で、【窓を少なく、外壁の量を多く】が基本になりますが、単純に窓を少なくするという考えではなくて、メリハリを考えて頂くと、良い提案になるように思います。
家づくりという高い高

家族によって理想

リビングは大きな窓を設けるけど、全体の窓の量は変わらない。
という感じですね。
家の周辺状況を考えて、開く所は開く、外観も考えれば、閉じる所は思い切って閉じる!という事を考えて頂く事で、窓の量を増やさずに、素敵な家づくりが出来るように思いますまた、開く所、例えば、LDKなどにつける大きな窓は、樹脂サッシ内と外、もしくは、手くメリハリを付けていく事で、価格の調整も出来るようになるかもしれません。
トリプルを採用するなど、上
MISERU:家づくりをもっと楽しむ!
相談時の要望:【部屋数】:5LDK5:一階の和室、主寝室、子ども部屋m【申し込み状況】:契約後の間取り相談【具体的な不満】:助言をいただきたい点は、主に生活動線、家の寒さ、収納面で充分か、の3点。
不満というよりも、本当にこれで良いか?が不安。
【BEFORE】相談頂いた時の間取り←*皆さまも、先ずはまっさらな図面を眺めて、何が悪いのか?を考えてみましょう。

【問題点】大きすぎる!ですはい、最も気になった点は、LDKで帖+和室の帖に板の間+吹抜け+二階の多目的ホールと全ての空間が合わさっている…はい、広すぎます(汗)問題点·空間が広すぎるここまで広い空間をつくってしまうと、恐らくですが、全館空調+気密·断熱性能をかなり良くする必要があるように思います。それが予算に入っているか?解りませんでしたが、全館空調200万円ぐらい?+気密·断熱性能のUP150万円ぐらいを見る事が出来るか?も考えてもらう必要がありそうだな。という感覚です。
問題点2:細かい所その他、分などは、所々気になる点は、間取り図を見て頂ければと思いますが、改善出来るのではないか?という感覚です。