街中の観光客相手の土産物店よりも数段安い値段で手に入ります

じきにシチリア王国を支配するスペインのアラゴン王家に征服されてしまう

イタリアらしいスキーが楽しめる
海外に日本のキャリアの回線があるわけではないので

ブルネッレスキとギベルディ1400年、フィレンツェ、サンジョバンニ洗礼堂、そう、竹内豊の映画”冷静と情熱のあいだ”で有名なあのフィレンチェ大聖堂(ドゥオーモ)の正面にある洗礼堂。この東側の扉、後に天国への扉と呼ばれる、この扉の装飾コンクールが行われたのです。立候補者は、ギベルディとブルネッレスキ。ゴシック様式の名残があるギベルディの作品、しかし新しい風を感じられる彼の作品が選ばれました。落胆したブルネッレスキはローマへ赴きます。

ローマ人はいい加減だとかイタリアには日本のようなコンビニはありませんが

そしてパンテオンに刺激され彼は芸術の幅を広げていきます。そして1402年、今度はフィレンチェのドォーモのクーポラ(丸屋根の部分)を創るコンクールが行われるのです。そして今度は、ブルネッレスキが総責任者として選ばれるのでした。しかしのちに全権がまたギベルディにまかされることとなるのでした…しかしこの良きライバルとの競争が、のちにミケランジェロが絶賛する天国への扉を作り上げるのでした。この素晴らしきライバル二人のおかげでイタリアルネッサンスがさらに成長してゆくこととなるのです。

イタリア人にも聞いてみたが別に

新婦の前夫たち後ろ盾を失ったチェーザレの足場も、急にガラルクレツィアが、当代きっての詩人ピエトロ·ベンボと知り合ったのは、実家に暗雲がたちこめ始めたこの時期のことであり、フェッラーラに来てまだ日が浅い、つまりは彼女がまだまだ孤独な環境に置かれていたころにあたる。私自身の手で綴ったこれらの短い言葉で、ます。(同、第四の手紙)私のあなたに対する、決して変わらぬ深い想いを、誓いを込めてお伝えし人文的教養を誇った義姉イザベッラ·デステの手紙と比べれば、ルクレツィアの。の、なんと熱く素直なことだろう。ルクレツィアは、ベンボにあてて「クリスタル(cristallo)」を送っている。

シエナの貴族ピッコロ-ミニ家が最初に目をつけ

これが本当のクリスタルだと考える人もいれば、「心(cuore)」の暗喩だととる見方もある。私にとってこのクリスタルは、紙)インドの海のすべての真珠をあわせたよりも貴重なものです。(同、ベンボからの手ミラノのアンブロジアーナ図書館には、ルクレツィアからベンボに宛てた九通の手紙が残されているだけでなく、レツィアが詩人へ贈った金髪の房も保存されている。それを受け取ったベンボの返事も残っている。ルク一妻あなたはいつも、私の想いを一層熱くさせるような驚きをもたらしてくださいます。

ミラノから百五十キロほど東のマントバに本社をおく
色んな料理を少しずつ食べるのに慣れている我々日本人にはと言なじみ深い方式で

どうもビッツオケリの方が合っているように思ったのは気のせいだろうか

ローマ市がローマ帝国を創ったと言われる所以です教会は昼でも薄暗い光が差し込むことで祈る人々に「神は光なり」と言わしめたにもかかわらず、震災後は、皮肉なことに、天からの外光が直接さんさんと差し込んでいた。法王チエレスティーノ五世との邂逅その光の下にひとつのガラスケースの棺があった。「ここに葬られている遠い昔の人はだれだろう」死者に対する深い哀悼の念が私の胸の奥に静かに染みこんできた。透明なガラスケースの中には高貴な衣服に身を包まれた小柄な聖人が眠っていた。これほどまでに慕われた姿には何かいわれのある聖人に違いない。

ラクイラはフェデリコ·フェリーニ監督の道でも登場する

説明プレートには次のように記されてあった。二二九四年にこの場所で戴冠した法王チエレスティーノ五世(11-10-11一九六)たいかん法王の霊廟とそこに安置されていたガラスケースのなかで横臥する遺体は、震災で幸運にもダメージを受けずにすんでいた。二00九年の大時の法王の「戴冠式」がラクイラのこのサンタ·マリア·ディ·コッレマッジョ大聖堂で行われたということは、この大聖堂ばかりかラクイラという都市がいかにカトリック教会にとって重要であったかがわかるというものだ余談だが、イタリア関係の本には、英語のPOPEの訳が「法王」と「教皇」という二つの訳語で混在している。これは教科書を扱う文部科学省が「教皇」と訳し、外務省では「法王」と訳していることによる。マスコミやテレビなどでは「法王」と呼んでいることから私たちはこの訳に慣れ親しんでいるため、ここではやはり、「法王」あるいは「法王庁」と呼ぶことにしよう私は棺の前で手を合わせ、今日ここに来られたことをこの法王に感謝し、棺の前にあった「お布施」箱にユーロを何枚か入れた。