ローマの南東の郊外に落ち着きますローマ帝国の将校で

イタリアで自殺を遂げた

ローマ帝国の歴史イタリア移民が最も多いのはアルゼンチンだがこのリストではアルゼンチンの出身者は確かいなかったし、イタリアを含む西欧諸国の出身者も殆どいなかった。この人達は、階層社会の底辺の更に底を支える出稼ぎ労働者とでも言えるのだろうかもう一つミラノの街中でよく見るのは、交差点での車の信号待ちを利用して稼ぐ人達だ。典型的なのは車の窓拭きで、予め用意した字型の道具を使ってフロントグラスの汚れを取り、千リラ程度を稼ぐもの。この窓拭きは何故か北アフリカのモロッコあたりから来た人達が多い。不要という意思表示をすれば、通常はやらないのだが、たまに頼みもしないのに強引に窓を拭いてしまう手合いもいるので要注意。

米を使ったリゾットがいわば地元料理で

ある人は窓が汚れていたので丁度いい機会とばかり拭いてもらったのは良かったが、たまたま千リラ札の持ちあわせがなく、やむを得ず五千リラ札を出したら相手は喜色満面、もちろんおつりは来なかったそうだ信号待ちで登場するのは窓拭きばかりではなく、単に並んでいる車の列を回ってお金を恵んでもらう物乞いの人もいる。ユーゴの内戦が収まっていない時には、段ボールにボスニアから逃げてきたという説明を書いて回っている子どもを見たことがあるが、最近はアルバニアの内戦のせいもあってかアルバニア人が多いという話。イタリア人から見れば彼等がイタリア人か否かの区別はつくのだろうが、ボスニア人とかアルバニア人とか簡単に区別出来るとも思えないので、その時々の情勢によって短絡的に判断している節がある。ローマで児童虐待の罪で逮捕されたアルバニア人グループは、不法入国したアルバニア人の子ども達にローマ市内各地の交差点で一日のノルマを決めて金を集めさせ、その上前をピンハネしていたと言うからひどい話もあるもの警察も努力はしているのだろうが、いくら不法入国で逮捕したところで、内戦の続く国に強制送還する訳にも行かないだろうし、イタリア国内の失業率もまだまだ高い状況では、外国人労働者にそう良い働き口があるとも思えない日本で起きている外国人の不法就労よりも遥かに頭の痛い問題をイタリアは抱えている訳で、この調子では当分交差点から窓拭きや物乞いの姿が消えることはなさそうである。沢町案こので打ルトンメ世くがなィさチで中外れで発ミち峰ルテ-真界し高くルれツミあか知もあ見ラ出をロト西にてくへのたクラろららミつしノ来連互ールにもソか建なうホれラたたかいねザモタお眼葬のらの名の銀·陰ソリ、鏡のうが瓦が西のいかは少ならち番色百にテア特を展な覗礫付にしいはよ近のス隠ロ国に片望存し、を1、モ離し大っい屏,」れ||お手台在て一てれ、しと登風にてザ喋に。その後どうなったのだろうか一五八五年に

ロムルスによって

イタリア語を知らないとちょっとわからないものもあるのですが、番わかりやすいのはこの写真のジョン·レノンならぬ「ジョン·レモン」。このノートはお土産として好評でした。JohnLemon一つだけ困るのは、スーパーマーケットって基本的には住宅地に隣接しているので、都心にはないんですよね。従って、もし都心のホテルに泊っている場合、ホテルのスタッフにどこか近くにスーパーがないか聞くのが一番確実でしょう。ミラノであれば、地下鉄で数駅乗ればどこかにスーパーは見つかりますが、フィレンツェとかヴェネツィアではちょっと難しいかも知れません。

そしてフランスのアンジュー家の激しい争いに巻き込まれ

子連れの娼婦たちを収容するための福祉施設の設立を訴えたの
でももし時間があるなら、努力して探すだけの価値はあると思いますよ。パールを使いこなせばイタリア旅行の達人イタリアには日本のようなコンビニはありませんが、その役割を果たしているのが街のあちこちで見かけるバール(BAR)です。BARと言う言葉はもちろん英語から来ているのですが、英語のバーとイタリア語のバールは発音が異なるだけでなく、実はその中身も全くと言ってよいほど異なっているので、日本のバーのイメージでバールを見ると誤解を生むだけではなく、バールを使いこなせずに終わってしまいますよ。イタリアのバールに入るとまず目に付くのが店の奥に横に長いカウンター。その後ろにはずらりとお酒の瓶が並んでいるので、ああここはお酒を飲む場所なのね.と思ってしまうのも無理はないのですが、実際にはその横に置かれたエスプレッソ·マシンが大活躍しているのが普通です。
ミラノなどの大きな駅では

大いに楽しめるかも知れな戦後の名作映画自転車泥棒のイメージもあるのか

地下鉄が汚いのやスリが多いのもさることながら、バスに乗ろうとしたら半年前に路線が変わったとの掲示があるだけで、来るバスには路線番号のみで行き先も書いていない。イタリア語が多少喋れれば、運転手にも聞けるが、普通の観光客ではお手上げであろう。多少こちらの偏見もあるのかも知れないと思って、ミラノに戻ってから他のイタリア人にも聞いてみたが(別にミラノの出身者だけではなく、中部·南部の出身者もいる)やはりローマには同じ様なイメージを持っているようだあるイタリア人に言わせるとローマは他のイタリアからぽっかりと浮いた島のようなものなのだそうだ。別の地方から来た連中もこの島に住んで何世代か経つと、イージー·ゴーイングなローマ人となってしまう。そんな場所はイタリアの中でも他にはない、ローマだけの特殊な現象だとか。

夕焼けにくっきりと浮かぶ

一時はコインを回収するとかしないとか大騒ぎになった
子孫の為に美田を残しすぎたローマ人の悲喜劇が現代まで演じ続けてられているとすれば、これほど面白い見物は他にないかもしれない。このあたりが、ローマの魅力でもあり、繰り返し訪れる観光客によってそのイメージがイタリア全体にまで拡げられてしまったのであろうか。前節の続きとなるが、今やイタリアの南北問題もすっかり定着してしまったのか、日本人学校に通う娘の中学の社会科の教科書にまで登場していたのには驚いた。連邦制、果ては北部の独立を主張する北部同盟が選挙で大幅に議席を伸ばしたのはつい数年前なのに、九六年の総選挙後、ボッシ党首が北部の独立宣言をし、ポー河沿いにデモンストレーションをするに至って、何だか北部の分離独立の主張も急に漫画じみてしまったというのが一般のイタリア人の感想のようだ。翌九七年春の地方選挙では北部同盟に属するミラノの現職市長が落選するなどの現象もこの辺の空気を反映しているのだろう(余談ではあるが、ミラノ市内のレストランで日本からの来客と食事をし、出ようとしたらボッシ党首が入って来るのに出くわしたことがあった。